活動日誌

宮城労働局でヒアリング、3000万署名の定例街頭宣伝

○雇い止め防止徹底を/高橋議員が労働局聞き取り/宮城

 日本共産党の高橋千鶴子衆院議員は8日、宮城県内の雇用情勢や労働環境改善の取り組みなどについて、宮城労働局でヒアリングしました。天下みゆき、中嶋廉両宮城県議と舩山由美県常任委員らが同行しました。
 雇用環境・均等室の渡辺安子室長が、4月から始まる改正労働契約法の「無期転換ルール」周知や、特別相談体制の取り組み状況を報告しました。
 高橋議員は、宮城大学や東北大学の雇い止め問題を例に「労働者が把握していない就業規則の変更・悪用などさまざまな問題がある。個別の問題だから、では済まさず、厳しく対応すべきだ」と述べ、無期雇用への転換を避けるための雇い止めなどが起きないよう徹底することを求めました。
 県内の雇用失業情勢について職業安定部職業安定課の斉藤久仁浩課長が、有効求人倍率などは高水準にあることを説明しました。
 高橋議員は、雇用状況の好転ではなく人手不足が深刻となっている実態を指摘。担当者は、介護、福祉、建設など各分野で人材が不足していると認め、引き続き対策に取り組んでいくと説明しました。
 労働基準部監督課の斉藤俊一課長が、事業所への監督指導など、長時間労働是正に向けた取り組み状況を説明。330事業所に監督指導を行い、162事業所(49・1%)で違法な時間外労働を確認し是正指導を行ったと報告しました。
 ヒアリングのあと、高橋議員らは宮城県労働組合総連合を訪れ、ヒアリング内容を報告し懇談しました。

(しんぶん赤旗2018年2月9付)

宮城労働局から雇用情勢や労働環境改善の取り組みについてヒアリング=9日、仙台市

安倍9条改憲NO!3000万署名/平和願う訴えに賛同/共産党議員が定例宣伝/東京

 日本共産党は8日、東京・新宿駅西口で、安倍9条改憲反対の「3000万署名」の定例街頭宣伝を行いました。高橋千鶴子衆院議員、辰巳孝太郎参院議員、原田あきら都議、沢田あゆみ新宿区議が参加しました。
 高橋氏は「9条を変えてしまえば自衛隊が南スーダンやもっと危険な所に行くことも、憲法違反ではないからと大変な戦場に送り込まれることになるのではないか」と指摘。「憲法9条は二度と戦争をしないという世界に対する約束。戦争は嫌だ、9条を守る、そう願う方は足をとめて署名を」と呼びかけました。
 辰巳氏は安倍首相政権による憲法9条改正案について「今の自衛隊を戦争できる自衛隊にすることが安倍首相のねらいである」と指摘。「これまで70年戦争をしてこなかったのは、この憲法9条があったからこそ。この1年は9条改正に対抗する重要な年となる」と訴えました。
 9条改憲反対と署名をした東京都世田谷区の会社員の男性(57)は「孫が徴兵されたくない。早く自民党政権が交代してほしい」と話しました。東久留米市の福祉関係者の女性(55)は「戦争は絶対に嫌です。9条が変わったら困る」と言って署名しました。

(しんぶん赤旗2018年2月9付)

辰巳孝太郎参院議員らと3000万署名の定例街頭宣伝=9日、都内

▲ このページの先頭にもどる

カテゴリー

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
国会質問
質問予定
活動日誌
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
紙智子(日本共産党参議院議員)
いわぶち友(日本共産党参議院議員)
© 2003 - 2018 CHIDUKO TAKAHASHI