ちづ子通信

党への攻撃とチームワーク

質問する畑野君枝議員=2月10日、衆院予算委員会(しんぶん赤旗より)

質問する畑野君枝議員=2月10日、衆院予算委員会(しんぶん赤旗より)

 毎日、予算委員会室に座り、理事会、野党協議、党の論戦会議などに追われています。激しい批判と野次の応酬、総理の挑発的な答弁。「選挙近し」ということか。

 公明議員が共産党の学費プラスターについて「国立大の学費が16年後53万→93万円」という数字はうそで「若者を惑わす宣伝だ」と攻撃。総理は「決まってもいないことを書くのはデマゴギー」と応じました。
 私は緊急に理事会を開かせ、「反論できない場面でやるのは問題」「決まる前にやめさせようというのが運動だ。それがいけないというのは承服できない」と発言。公明党も、「自分たちも署名はやる」と認め、わが党も言葉足らずを認め、同日ホームページを修正しました。
 翌日、デマだと攻撃したおおさか維新の質問に、安倍総理は私の顔を見ながら「共産党がすぐに修正されたことは敬意を表する」と答え、「でも字が小さすぎて老眼には見えませんね」と笑いを誘って、その場を収めました。

 10日は畑野君枝議員が登壇。国立大学の運営費交付金が減額されようとしていること、学費値上げも「聖域ではない」と麻生大臣に認めさせました。畑野さんの緊張が伝わってきて、泣きそうでした。今年は新人議員も知恵と力を出し合い、たのもしいチームです。きっと、どんな困難も攻撃ものりこえられるはず。

 

※しんぶん赤旗2016年2月13日付「北海道・東北のページ」のコラムです。

▲ このページの先頭にもどる

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
国会質問
質問予定
活動日誌
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
紙智子(日本共産党参議院議員)
いわぶち友(日本共産党参議院議員)
© 2003 - 2020 CHIDUKO TAKAHASHI