国会質問

質問日:2022年 5月 24日 第208国会 国土交通委員会

省エネ目標引き上げよ

新築建造物 高橋氏求める

衆院委で可決

写真
(写真)質問する高橋千鶴子議員=20日、衆院国交委

 住宅を含むすべての新築建造物に省エネ基準適合を義務付ける建築物省エネ法案が24日の衆院国土交通委員会で全会一致で可決しました。

 20日の同委での質疑で日本共産党の高橋千鶴子議員は、本法案の成立は2050年までのカーボンニュートラル(温室効果ガス排出実質ゼロ)という政府目標を実行するためには最低限の条件だと指摘。日本のエネルギー消費の約3割、電力の最終消費の6割以上が住宅・建築物など「業務・家庭部門」で消費されていることを示し、削減目標の引き上げや前倒しを求めました。

 今回義務付ける省エネ基準「断熱等級4」も決して高い水準ではないとして、新築戸建てではすでに8割が満たしていると政府に認めさせるとともに、既存住宅のリフォーム推進、アパートの貸主への思い切った支援が必要だと主張しました。

(「しんぶん赤旗」2022年5月31日付)

▲ このページの先頭にもどる

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
街宣予定
お便り紹介
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
© 2003 - 2022 CHIDUKO TAKAHASHI