国会質問

質問日:2022年 4月 28日 第208国会 地方創生に関する特別委員会

小規模校を存続せよ

統合問題 高橋氏がただす

写真
(写真)質問する高橋千鶴子議員=4月28日、衆院地方創生特委

 日本共産党の高橋千鶴子議員は4月28日の衆院地方創生特別委員会で、学校の統合問題について質問しました。

 2021年度の公立小学校数は1989年度比で5272校減少。15年に文科省が「公立小学校・中学校の適正規模・適正配置等に関する手引」を発表して以降、「適正規模」に合わせた統合が進んできました。

 高橋氏は、手引は「適正規模ありき」でなく、「小規模校として存続」の道も認めているはずだと指摘。文科省の渕上孝審議官は「学校は地域コミュニティーの核でもあり地域づくりと密接不可分だ。市町村の判断は尊重する」と答弁。存続を決めた学校への教職員の加配やスクールバスなどの予算があると答えました。

 高橋氏は「小規模校の良さは目の届く教育なのに、統合後は教職員が減るのはおかしい」と指摘。渕上審議官は「激変緩和の加配は行う」と述べました。

 高橋氏は統合計画を止めた宮城県気仙沼市立月立小では「学校と子どもを大切にし、積極的に関わるおとながいた」と紹介。小規模校を支える地域への支援を求めました。野田聖子地方創生担当相は「学校を拠点に住民の交流が進むのは有意義だ。地方創生推進交付金で支援していく」と答えました。

(「しんぶん赤旗」2022年5月12日付)

2022年4月28日 衆院地方創生特別委員会 提出資料

▲ このページの先頭にもどる

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
街宣予定
お便り紹介
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
© 2003 - 2022 CHIDUKO TAKAHASHI