ちづ子へのエール住民とともに(質問のエピソードと会議録など)
住民とともに

■障害基礎年金問題

<高橋千鶴子のコラム> 

障害年金、厚労省が申請と非該当の数を 初めて公表

2018年6月1日厚労委、障害基礎年金取り消し問題質疑で要求し、約束していたもの。年金センターへの申請数と非該当の数字が、今年9月10日の社保審年金事業管理部会に初めて出されました!指摘されていたように内部障害が厳しいのと、ガイドラインが出されたあとでも、精神・知的の非該当は12.3%も!

この質問のきっかけは、2018年6月1日厚労委。前年4月に都道府県の判定に地域差があるとして障害基礎年金の審査が障害年金センターに一元化されたことが契機となったもので、1010人かと大きく報じられ、その後厚労省の再審査で20歳前1531人、20歳後も3811人のうち85%程度の不支給決定を覆しました。 ( 2020年9月12日記)

<国会質問へのリンク>

・2018年 6月 1日 第196国会 厚生労働委員会 

 障害基礎年金 救済策要求

 議事録 http://chiduko.gr.jp/kokkai/kokkai-6778

 動画 https://youtu.be/hPLOe47aCE8

・2018年 6月 8日 第196国会 厚生労働委員会

 障害基礎年金問題 認定審査公平な対応を

 議事録 http://chiduko.gr.jp/kokkai/kokkai-6802

 動画 https://youtu.be/f3rN8tZnW7Q

・2018年 7月 6日 第196国会 厚生労働委員会 

 障害基礎年金打ち切り通告自体が間違い

 議事録 http://chiduko.gr.jp/kokkai/kokkai-6883

 動画 https://youtu.be/RDU8lWCrNYQ

<新聞記事>

障害により認定率に格差

「障害年金業務統計」初公表 「しんぶん赤旗」 2020年10月10日

 障害年金は、病気やけがで仕事や日常生活が制限されるようになったときに受け取れます。ただ、必要としながら受給できていない人が多くいる問題もあります。厚生労働省と日本年金機構が初めて取りまとめた2019年度分の「障害年金業務統計」から、認定の実態が浮かび上がりました。(岩井亜紀)

 厚労省と日本年金機構は長年、障害年金の申請・更新数と、それに対する認定数を明らかにしていませんでした。18年6月の衆院厚生労働委員会で、日本共産党の高橋千鶴子議員が同省に公表を迫り、同省・同機構は今年9月、初めて公表しました。

「運動の力に」

 「私たちの運動で、これまで不透明だった障害年金の判定状況が、詳しく数字で出されるようになりました」。そう評価するのは、先天性心疾患を持つ人やその家族でつくる全国心臓病の子どもを守る会の下堂前亨事務局長です。「経年的にデータが蓄積されれば、障害年金の運動の力になります」

 機構が昨年度、新規裁定したのは11万5400件。うち「非該当」として認定されなかったのは1万4366件(12・4%)に上ります。

 障害基礎年金について障害の種類や部位別にみると、認定結果にばらつきがあることが分かります。

循環器4割弱

 「精神障害・知的障害」が87・7%、「眼」は88・2%が認定されています。他方、心臓病などの「循環器疾患」はわずか37・9%。臓器に障害がある内部障害全体で認定の割合が低く、等級は2級の割合が多い傾向です。

 全国心臓病の子どもを守る会の会員調査(18年実施)によると、先天性の心疾患患者のうち、働いている人は7割以上でした。しかし、そのうち4割以上の人が年収200万円未満と低収入。障害年金が生活保障として欠かせません。

 内部疾患で障害年金を受ける多くの人は、1~5年の間に更新手続きをしなければなりません。昨年度は27万708件が再認定され、支給停止とされたのは、2878件(1・1%)でした。

 障害年金をめぐっては、日本年金機構が18年に障害基礎年金を受給する1010人に対し、障害の程度が軽く受給の認定基準に達しないとして打ち切りを予告する文書を送付し、社会問題化しました。障害者の生活と権利を守る全国連絡協議会(障全協)などの運動と国会での追及で、このときは打ち切りを断念させました。

 「強引な打ち切りといった状況にないことが分かりました。運動の成果です」と、障全協の白沢仁事務局長は指摘します。

 「今回明らかになった認定結果が障害者の生活実態と見合ったものになっているのか、それぞれの障害・疾患ごとに検証することで、制度全体が大きく改善していくことにつながります」と下堂前さん。「他の患者や障害者とこの問題をいっしょに考えていくことが重要です」

 障害年金業務統計 高橋議員求め初公表  「しんぶん赤旗」2020年9月30日

 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik20/2020-09-30/2020093015_02_1.html

 障害年金支給複数医で審査も 厚労省が見直し通知  「しんぶん赤旗」2018年8月3日

 https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-08-03/2018080301_04_1.html

 障害基礎年金支給打ち切り 高橋議員が救済策要求 「しんぶん赤旗」2018年6月4日

 https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-06-04/2018060415_02_1.html

▲ このページの先頭にもどる

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
街宣予定
お便り紹介
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
© 2003 - 2020 CHIDUKO TAKAHASHI