ちづ子へのエール住民とともに(質問のエピソードと会議録など)
住民とともに

③2020年 2月 25日 第201国会 予算委員会分科会 
新型コロナ、差別由々しき事態

高橋千鶴子のツイート

2月25日、予算委員会第五分科会で厚労大臣に質問しました。まず、コロナウイルス肺炎の市中感染で、感染者=犯人探しのような差別、いじめがおきている。 災害医学会の声明のように、救援に頑張った人が差別されるなんてあってはならない、と質問。大臣は、「家族までも差別されるなど由々しき事態。人権配慮した対応、基本方針に明記した」と答弁しました。

国会質問へのリンク

議事録(該当部分を抜粋します)

○高橋(千)分科員 日本共産党の高橋千鶴子です。大臣、きょう最後ですので、よろしくお願いいたします。

 まず、新型肺炎対策で一言だけいただきたいと思うんですけれども、心配しているのは、市中感染が次々と明らかになる中で、もはや感染経路をたどることが意味のないことになっているにもかかわらず、今、感染者イコール犯人捜しのような状態になって、差別やいじめなどが起こっているのはゆゆしき事態だと思います。

 災害医学会の声明にもあるように、命がけで救援のために奮闘された方々が非難をされたり、クルーズ船のクルーの方たちも一緒だと思います、こうしたことがないように、政府がしっかりとしたメッセージを出していただきたいと思いますが、いかがでしょうか。

○加藤国務大臣 本日、本部決定いたしました基本方針の中にも、一つは、中国から一時帰国した児童生徒へ、学校の受入れ支援、いじめ防止等の必要な取組の実施と、加えて、患者や対策にかかわった方々等の人権に配慮した取組を行うということを明記させていただいております。

 やはり、まずは、こうした取組に本当に献身的に取り組んできていただいたにもかかわらず、それぞれの病院に戻ったり、あるいは中には御家族に対してそうしたいわれなき誹謗中傷が行われているということ、これは大変ゆゆしき事態だと私どもも思っております。

 そうしたことに対して、やはり大事なことは、正確な情報をしっかり発信をしていきながら、皆さん方のこの病気に対する、あるいはどう対応していくべきなのかに対する理解をしっかり深めていく、そういった努力を更に続けていきたいというふうに思います。

○高橋(千)分科員 ありがとうございます。現場の皆さんにその思いがしっかり届くように、政府の姿勢を求めたいと思います。・・・

議事録全体、しんぶん赤旗記事 http://chiduko.gr.jp/kokkai/kokkai-9239

動画  https://youtu.be/2-yxX4T5uhE

▲ このページの先頭にもどる

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
街宣予定
お便り紹介
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
© 2003 - 2020 CHIDUKO TAKAHASHI