お便り紹介

非常に真面目で好感が持てる質問。巨大防潮堤について質問を――やまとさん

国会中継を見ました、非常に真面目な質問で、好感が持てました。必ず下記の事項を、国会質問して下さい。

 

 さて、東日本大震災の復興計画で、「1兆円も掛けて、巨大防波堤を建設」する事を、ご存知でしょうか、防波堤を建設しても、たった38億円しか、国民資産が守られないと、東京大学公共政策センターが、発表しています。新国立競技場よりも、酷い計画です。

 

 有権者やマスコミ受けをします、必ず重要課題として、国会質問や、マスコミに強く訴えて下さい。下記の記事を読んで下さい、防波堤を建設しても、たった38億円しか、国民資産が守られないのです。

 

ヤフーの記事から。

タイトル名、海の見えない復興でいいの、総延長400キロの「巨大防潮堤」は、総事業費1兆円。

木村正人 、在英国の国際ジャーナリスト。

 

建設進む「万里の長城」

 岩手県から宮城県、福島県まで総事業費約1兆円、計約600カ所、総延長400キロメートルの、防潮堤が建設される。400キロメートルと言えば、直線距離にして東京―大阪間に、匹敵する。そこに最大高さ15.5メートルの、防潮堤を築く計画。

 

1896年の明治三陸地震、

1933年の昭和三陸地震、

1960年のチリ地震の津波、

からそれぞれの地域ごとに、シミュレーションを

実施して、津波を防げる防潮堤の高さを、算定

した。

 

 津波が防潮堤にぶつかった際の、せり上がりを

想定して、防潮堤の高さを設定する。

岩手県では、6.4~15.5メートル、

宮城県では、2.6~14.7メートル、

福島県では、7.2~08.7メートル、

の、防潮堤が造られる事に、なった。

 

 360億円の巨大防潮堤で、守られるのは、

僅か37億円。

 

しかし、岩手県や宮城県では、それぞれ事情が

異なる。

岩手県では、最大2.4倍、

宮城県では、最大6.5倍、

というかさ上げとなる事や、一部の地域で住民との

合意が十分でなかった事が、背景にある。

 

 宮城県七ヶ浜町の編み物クラブ、「ヤーン・ア

ライブ」でメンバーの主婦、星まゆみさん(54)

らから話をうかがった際、「防潮堤で逆に海が

見えなくなって怖い」、という不安の声が

聞かれた。

 

 宮城県気仙沼市の小泉海岸。松原の前に白い砂浜が

広がり、絶好の海水浴場だった。サーフィンにも最適

で、「白砂青松100選」や環境省の「快水浴場百選」に選ばれた事もある。しかし、東日本大震災の

影響で現在も休業している。

 

 小泉海岸は、東日本大震災で高さ20メートルもの

津波に襲われた。同地区の小泉海岸では海岸線が

200メートルも後退し、松原や砂浜が消失した

そこに高さ14.7メートル、底辺90メートル

の、巨大防潮堤を建設する計画が、進んでいる。

 

 1993年の、北海道南西沖地震による津波で

被災した北海道・奥尻島には、津波対策として

最高10メートル、総延長14キロの、防潮堤

が築かれた。

 

 しかし、風光明媚な海岸線が一変し、観光業が

打撃を受けた。漁業も高齢化や後継者不足に

苦しめられている。

 

ご担当者様へ、議員様に、このメールを転送する

か、直接手渡して下さい。

▲ このページの先頭にもどる

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
国会質問
質問予定
活動日誌
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
紙智子(日本共産党参議院議員)
いわぶち友(日本共産党参議院議員)
© 2003 - 2019 CHIDUKO TAKAHASHI