ちづ子へのエール住民とともに(質問のエピソードと会議録など)
ちづ子へのエール

日本の医師不足と低医療費政策の問題を訴えてきた
本田宏さん(NPO法人医療制度研究会 副理事長・外科医)

 こんにちは。私は医療制度研究会の本田と申します。長年日本の医師不足と低医療費政策の問題を訴えてきまして、高橋先生には生まれて初めての国会での参考人質疑に、二回もお呼びいただいて意見を言わせていただきました。本当に感謝しています。

 多くの方はご存知ないのですが、日本は医師数と医療費を国が抑制してきました。私は長らくその問題を言ってきましたが、今回の新型コロナは、日本が抑制してきた医療費と医師不足、これを白日の下にさらしたと思います。

 昔から感染症は残念ながらたびたび訪れる、おそらく今後も訪れるでしょう。そして感染症によって、人類の社会や政治が変わっています。

 私はこの20年間、医療崩壊を阻止するために高橋先生のお力もお借りして、医師不足の問題を訴えてきましたが、特に東北は大変です。全国の医師数の中でも、東北地方は少ないのです。

 私は最近訴えています。国民の命を守る警察も消防も、そして自衛隊も大事ですよね。だけど、医療機関は国民の命を守っていないのでしょうか?どうして病院、開業医、診療所だけが赤字で、再編とか統合、閉鎖を余儀なくされるのでしょうか。

 やっぱり国民を大事にする政治、そのためには医療、社会保障に関心をお持ちで、声を上げていただける政治家の先生が不可欠だと思います。そういう意味で私は高橋先生を心から応援したいと思います。

 私、青森県の弘前大学出身、福島県郡山生まれでして、東北の皆さん、ぜひ高橋先生の応援をお願いします。よろしくお願いいたします。

 

NPO法人医療制度研究会 副理事長・外科医

本田宏

▲ このページの先頭にもどる

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
街宣予定
お便り紹介
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
© 2003 - 2020 CHIDUKO TAKAHASHI