ちづ子へのエール住民とともに(質問のエピソードと会議録など)
ちづ子通信

菅新政権と青年たちと開く未来

 8月末に安倍前首相が突然の辞任表明、あれよあれよと菅新政権が誕生しました。たたきあげの苦労人、スイーツ好きなどのメディア戦略あってか、ご祝儀相場で支持率も65%にも?!
 臨時国会直後の4連休は、世間がGo to?で混雑する中、集いと街頭演説の旅です。安倍政治の継承というなら、モリカケ桜も説明せよ!自助共助公助は社会保障も自己責任ということ。首班指名で枝野幸男さんを書き、連立政権への決意を示したことなどを訴えました。
 鶴岡市の集いでは、最近事務所を訪問して話を色々聞いてきたという大学生が参加。四つ質問があります、と手をあげ、9条と自衛隊、再生可能エネルギーは原発を超えられるか?種子法は必要か?共産党は宣伝が下手なのでは?そこはおっしゃる通り!
 青年後援会の芋煮会では、ラグビー部の高校一年生も参加し、大会の見通しがないこと。オンライン授業もなく、遅れた授業、進路も悩むなど話してくれました。街頭演説では受験生も来てくれて、新しい入試制度は大変!などと話してくれました。
 若い人が自らの生活と将来、政治を結びつけて真剣に考えていること。またそういう出会いがあったことが本当に嬉しい。
 菅首相誕生の前日の朝、松森佃後援会の定例宣伝に参加しました。その時は気づかなかったけど、後で教え子からLINEが。「雨なのに傘もささずに先生を応援してくれる人たちに感謝。時代の変わり目に生まれたのも運命だもの。頑張って!」と絵文字付きで。うるうるしながら、やっぱりここが私の原点と思う。

業者や学生らと懇談=19日、鶴岡市内

▲ このページの先頭にもどる

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
街宣予定
お便り紹介
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
© 2003 - 2020 CHIDUKO TAKAHASHI