ちづ子通信

被災者に寄り添って

 台風で被災した人のいる避難所で、ストーブを囲んでいた皆さん。「共産党?いいよ。お世話になっている」「自民党?見学に来た」
 り災証明書がまだ届かない。1メートル以上か未満か、その差に納得いかない。「足腰悪いから、低いところに全部置いている。みんなやられた」「遠くの住宅ばかり勧められても」などと声が。「床上110センチ。波打った畳をモニュメントのように立てているよ」には、びっくり!
帰り際に、私の腕をつかんだ女性が、「悔しい。体が思うように動かないから。もっと被災者に寄り添ってほしい」と訴えたのが忘れられません。
 26~28日、三つの委員会で質問しました。「いい指摘だ!」と何度も声が上がったのは、災害救助法の生活必需品について。「何もないから仮設が決まっても入れない」との声です。
国の事務取扱要領には、「新たな生活をはじめるにあたり、日常生活を営むのに最小限必要なものを給与又は貸与」とあります。下着や毛布、せっけん、歯磨き、トイレットペーパー、食器、炊飯器等々。
しかし「テレビ、冷蔵庫、洗濯機、掃除機、エアコン、電子レンジ等」は認められないと明記!必需品じゃないか?「最小限必要なもの」と繰り返す答弁に、委員会室は苦笑が漏れます。
 国の災害対策パッケージは「被災者に寄り添う」を強調しますが、「本当に被災者の目線に立てば何がみえるか?」と迫りました。

※しんぶん赤旗2019年11月30日付「北海道・東北のページ」掲載のコラムです。

避難所で被災者から要望などを聞く高橋千鶴子と熊谷智いわき双葉地区委員長=22日、いわき市内

▲ このページの先頭にもどる

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
国会質問
質問予定
活動日誌
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
紙智子(日本共産党参議院議員)
いわぶち友(日本共産党参議院議員)
© 2003 - 2019 CHIDUKO TAKAHASHI