ちづ子通信

国に言われたくなかったー「年金では足りないから2000万円貯金せよ」

 100年安心の年金じゃなかったのか?今さら「年金では暮らせない、2000万円も貯金せよ」とは?!金融庁の報告書に国民の怒りがおさまりません。それに火を注いだのが、麻生財務大臣。自民党国対委員長は「受け取らないから報告書は、ない」と言い、ついには「ないものを前提とした質問にはお答えできない」と閣議決定までしてしまいました。あきれ、怒りを通りこして「この国は大丈夫か?」と考えてしまいます。
 金融庁の報告書は、夫65歳と妻60歳高齢夫婦無職世帯で20万余収入があり、支出は26万余あって赤字の5万5000円は、貯蓄2484万円からとりくずすという。あと30年生きるとすれば2000万円足りないというけど、それもましな人だと気づくはず。本当は、政府はずっと前から「公的年金だけでは暮らせない」と答えていたし、夫婦で助け合い、取り崩しできる貯金もあってはじめてなんとかなるのです。
 金融庁はなんと正直か。そしてあからさまに、人生100まで生きる人が増えたが年金は減るのだから、若い頃と同じ生活ぶりはできないぞ。老後に備えておけ。ただし、ただ貯金しないで投資に回せと書いてあります。報告書を正直に受け止め、安全安心の公的年金をどうつくるか、正面から議論をするべきではないでしょうか。
 まさに年金が選挙の大争点の一つに浮上しました。減らない年金、そして安全安心の年金をつくろう。私も全力で訴えます。

▲ このページの先頭にもどる

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
国会質問
質問予定
活動日誌
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
紙智子(日本共産党参議院議員)
いわぶち友(日本共産党参議院議員)
© 2003 - 2019 CHIDUKO TAKAHASHI