ちづ子へのエール住民とともに(質問のエピソードと会議録など)
お便り紹介

クラブ・キャバクラ経営についてーSeiyaMANさん

突然のDM、申し訳ありません。私は熊本でクラブ・キャバクラ経営の会社に従事する者です。

新型コロナウイルスの影響で全国の皆さんが大変な状況なのは承知していますが、夜の街がそれ以上に大変なことになっていることはご存じでしょうか?

政府・各自治体は不要・不急の外出自粛を要請しています。東京都は具体的に「バー・ナイトクラブ」と特定した要請をしました。

反面、頼りの政府(国)は風俗営業事業者・従事者への融資・助成を対象外としています。

■新型コロナウイルス感染症特別貸付

■小学校休業等助成金

これでは「営業するな!」でも「お金は出さない!」と言われているようなものです。

こんな状況の中、店(事業者)は営業したいわけじゃない!そして従事者は出勤したいわけじゃありません。しかしながら、風俗営業という理由で融資・助成を受けることが出来ません。

私たちは、従事者の生活を守る為・倒産を回避する為に営業を続けています。現在、同じような局面に立たされている夜の会社が溢れかえっています。

熊本地震の際、経済産業省の職員から「風営法の事業者は該当しない!」「社会通念上、必要とされる業種ではない!」との発言がありました。私は納税者です。法律も順守しています。にも拘わらず「必要とされない!」とは...

この現状を知って頂いた上で、対応をお願い出来ませんか。このままでは夜の街が無くなってしまいます。高橋さんが動いて下されば何万人もの人々が救われます。

私が従事する会社も何百人と救えます。 何卒ご協力をお願い致します。

▲ このページの先頭にもどる

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
街宣予定
お便り紹介
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
© 2003 - 2020 CHIDUKO TAKAHASHI