国会質問

質問日:2018年 5月 9日 第196国会 厚生労働委員会

「働き方改革」一括法案

「残業代ゼロ」削除すべきだ
衆院委で高橋氏 長時間労働 歯止めなし

 日本共産党の高橋千鶴子議員は9日の衆院厚生労働委員会で、労働時間規制を撤廃する「働き方改革」一括法案の「残業代ゼロ制度」(高度プロフェッショナル制度)について、健康確保措置を行っているのか監督指導できる根拠もなく、長時間労働に歯止めがないことを明らかにし、「しっかり指導するというが根拠がない。高プロを法案から削除すべきだ」と求めました。
 高プロは、年間休日104日の取得などを義務付けており、導入半年後に「健康確保措置」の実施状況を労働基準監督署に報告するとしています。高橋氏は、「年間休日104日などの要件は、半年後では分からない。どうやってチェックするのか」と問いました。
 山越敬一労働基準局長は、半年以後の定期報告について答弁できず、「監督指導のやり方は検討したい」と繰り返すだけ。高橋氏は「高プロに上限時間の義務付けはない。自由な働き方とは到底いえない」と批判。加藤勝信厚労相も「(残業相当の時間が)100時間を超えれば医師が面談する」と言うだけで、長時間労働に歯止めがないことは否定できませんでした。
 加藤厚労相は「夜間の賃金が高くなればやめてくれとなるが、(高プロ導入で)夜型の方も自分にあった時間に働ける」と主張。高橋氏は、「深夜手当を出したくないのは使用者だ。労働者にとっては残業代が出ないだけ。高プロ導入の理由にはならない。削除すべきだ」と強調しました。
(しんぶん赤旗2018年5月10日付)

 

――議事録――

※正式な議事録が出来次第、更新します。

 

――資料――

2018年5月9日衆院厚生労働委員会配布資料

▲ このページの先頭にもどる

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
国会質問
質問予定
活動日誌
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
紙智子(日本共産党参議院議員)
いわぶち友(日本共産党参議院議員)
© 2003 - 2018 CHIDUKO TAKAHASHI