国会質問

質問日:2018年 3月 23日 第196国会 厚生労働委員会

高度プロフェッショナル制度、労働契約法の無期転換ルール(東北大学の非常勤職員雇止め問題)

高年収でも過労認定 / 高橋氏「高プロも断念せよ」

 日本共産党の高橋千鶴子議員は23日の衆院厚生労働委員会で、年収1075万円以上の労働者でも3年で73件の過労による労災認定があることを告発して、「働き方改革」関連一括法案から削除された裁量労働制拡大とともに、高度プロフェッショナル制度(高プロ=残業代ゼロ制度)も撤回するよう迫りました。 高橋氏は、高プロ制度の要件のひとつとなっている年収1075万円以上の労働者でも、2011~13年の3年で、脳・心臓疾患や精神障害の労災認定が73件(過労死27件、過労自殺12件)もあることを指摘し、「年収は過労死の歯止めにならない」と主張。「裁量労働制で新たに実態調査をするのだから高プロにあたるような労働者の実態も把握すべきだ」とただしました。
 山越敬一労働基準局長は「新しい制度であり、現状把握は難しい」と答弁。
 加藤厚労相は「(高プロ適用は)書面での確認をする」「一定年収を確保すれば交渉力がある」などと言い訳しました。
 高橋氏は「高プロ導入には根拠となる立法事実がないということだ。断念すべきだ」と強調しました。
(しんぶん赤旗2018年3月25日付より)

無期転換逃れは明白 / 高橋氏 内部文書で東北大告発

 日本共産党の高橋千鶴子議員は23日の衆院厚生労働委員会で、東北大学が3月末に非常勤職員の大量雇い止めを強行しようとしている問題について、労働契約法の無期雇用転換ルール逃れを画策した内部文書を示して告発し、政府が解決に乗り出すべきだと訴えました。
 全国90の国立大学法人の事務系の有期雇用職員は9万8667人、契約更新に上限があるのは5万9673人で、3月末で契約期限となるのが7919人です。
 東北大で契約期限となる非常勤職員1140人は全員がいったん雇い止めとなり、「限定正職員」試験に合格して採用し直されるのが690人。そのうち418人は「プロジェクト型」などの口実で1年で雇い止めの恐れがあると、高橋氏は指摘しました。
 高橋氏は、東北大が5年を超える契約更新をせず、6カ月のクーリング(空白)期間で雇用をリセットするとした内部文書を読み上げ、厚労、文科両省の対応をただしました。
 牧原秀樹厚労副大臣は、「雇用の安定を図る労契法に基づく対応が望ましい」、丹羽秀樹文科副大臣は、「各法人に労契法の趣旨を踏まえ対応をお願いしている」と答えました。
 高橋氏は、「人事をやっているのは文科省天下りの理事だ。財政を口実に無期転換はできないというが、所管官庁として心配はないとちゃんと言うべきだ。東京大学をはじめ分かっているだけで17大学で無期転換になった」と強調。丹羽副大臣は、「東北大に対しても職員側と適切に対話し、労働関係法令に基づき対応するよう伝えたい」と答弁しました。
(しんぶん赤旗2018年3月24日付より)

 

――議事録――

※正式な議事録が出来次第、更新します。

――資料――

2018年3月23日衆院厚生労働委員会提出資料

▲ このページの先頭にもどる

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
国会質問
質問予定
活動日誌
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
紙智子(日本共産党参議院議員)
いわぶち友(日本共産党参議院議員)
© 2003 - 2018 CHIDUKO TAKAHASHI