国会質問

質問日:2017年 4月 28日 第193国会 東日本大震災復興特別委員会

吉野復興相の基本姿勢について

復興相「原発事故」触れず
高橋・岩渕両氏 所信表明を批判

 衆参の復興特別委員会は28日、吉野正芳復興相に対する質疑を行い、日本共産党の高橋千鶴子衆院議員と岩渕友参院議員が認識をただしました。両議員が、東日本大震災について「東北でよかった」とした今村雅弘前復興相の暴言を厳しく批判し、いまも苦しみが続く被災地の声を突き付けたのに対し、吉野氏は従来の政府答弁から一歩もでない姿勢に終始しました。
 暴言について高橋氏は「東北の人間の一人としてどんな言い訳をしても許せない」と強調。福島県に住む岩渕氏も「心ない言葉でどれほどの方が傷つけられたか、怒りと悲しみはあまりに大きい」と訴えました。吉野氏は「復興相に最も大切な被災地の信頼を損ねた」と述べ、引き継ぎの際に今村氏に直接抗議すると約束しました。
 岩渕氏は、今村氏がこれまでも東京電力福島第1原発事故の「自主避難者」に「ふるさとを捨てるのは簡単」「自己責任」などと暴言を繰り返してきたと指摘。安倍首相がかばい続けたことが被災地を傷つけたとし「被災地に対する政府の姿勢が問われている」と批判しました。吉野氏は「安倍政権は復興第一で取り組んでいる」と強弁しました。
 高橋、岩渕両氏は、吉野氏の所信に「原発事故」という言葉がなかったと追及し、福島第2原発の廃炉を要求。吉野氏は、「チェックが足りなかった」と釈明する一方、廃炉については「政府の一員となったからには事業者が判断するという答弁だ」と述べました。
(しんぶん赤旗2017年4月29日付より)

 

――議事録――

※正式な議事録が出来次第、更新します。

▲ このページの先頭にもどる

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
国会質問
質問予定
活動日誌
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
紙智子(日本共産党参議院議員)
いわぶち友(日本共産党参議院議員)
Copyright © 2003 - 2017 CHIDUKO TAKAHASHI All Right Reserved.