国会質問

質問日:2017年 3月 17日 第193国会 厚生労働委員会

HPVワクチン問題について(2)

厚労省の誤導明らか
高橋氏 子宮頸がん絡む報道

 日本共産党の高橋千鶴子議員は17日、衆院厚生労働委員会での「臨床研究法案」の審議で、同法案によって厚労省は臨床研究に罰則付きの中止命令がだせるなど強い権限が付与されるとしている一方で、同省自身が不透明であってはならないと指摘し、子宮頸(けい)がんワクチン(HPV)の健康被害についての疫学調査の結論を一方的に誘導しようとした同省を追及しました。
 昨年12月26日付の夕刊各紙は一斉に、厚労省のHPV研究班がHPVワクチン未接種でも接種後に表れる症状と同様の症状があるなどと、ワクチン接種との因果関係がないかのように報道しました。
 高橋氏は、調査結果では頭痛や倦怠(けんたい)感などどれか一つでもあれば症状にカウントしており、ワクチン接種と接種後の症状とに因果関係があるとは言えないというのが研究班の結論であることは議事録を見ても明らかだと指摘。厚労省の見解をただしました。同省の福島靖正健康局長は、両者は比較できないというのが研究班の結論だったと認めました。
 12月26日の審議会終局前に同日夕刊が研究班の結論を一部のみを報じたのは、厚労省が事前に記者に内容を説明していたからだとも認めました。
 高橋氏は厚労省のミスリードは明らかだと糾弾し、報道各社に審議会の結論をどう説明したのかについての資料を委員会に出すよう要求。丹羽秀樹厚労委員長は理事会で協議すると表明しました。
(しんぶん赤旗2017年3月23日付より)

 

――議事録――

※正式な議事録が出来次第、更新します。

――資料――

2017年3月17日厚生労働委員会提出資料

▲ このページの先頭にもどる

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
国会質問
質問予定
活動日誌
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
紙智子(日本共産党参議院議員)
いわぶち友(日本共産党参議院議員)
Copyright © 2003 - 2017 CHIDUKO TAKAHASHI All Right Reserved.