ちづ子へのエール住民とともに(質問のエピソードと会議録など)
ちづ子通信

憲法記念日と戦争立法

5/3青森憲法集会(青森駅前広場)にて

5/3青森憲法集会(青森駅前広場)にて

 今年の憲法記念日は安倍政権の「戦争する国づくり」への危機感から、特別な思いで迎えました。街頭演説に足をとめてくれる人、バスから降りてそのまま聞いてくれる人。地域を回った時も、赤旗の「戦争立法」の文字を指し、「これ、これ、これだけは絶対にだめよ」。反応の強さを感じました。

 7日国会の憲法審査会が開かれたというニュースを見て、「あっ!」と大きな声が。自民党議員が、時代にマッチした前向きな改正を議論し、結論をだすことは我々国会の重要な責務、と発言。公明党議員は「新たな理念を加えて補強する加憲」という方法もあるとして、環境権、プライバシー権などをあげました。10年前とほとんど同じなのです。

 10年前私は憲法調査会で1度だけ発言しています。基本的人権がテーマ。加憲について私は、憲法13条幸福追求権や25条を根拠に、公害、騒音をはじめ様々な訴訟がたたかわれてきたと強調。憲法の人権規定は、将来生起する人権についても対応しうる懐の深い構造だから改正は必要ないと発言。憲法を生かすのも私たち次第なんだ、と決意したことが新鮮によみがえりました。14日、戦争立法の閣議決定へ。いよいよ、歴史的な局面を迎えます。

▲ このページの先頭にもどる

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
街宣予定
お便り紹介
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
© 2003 - 2020 CHIDUKO TAKAHASHI