ちづ子通信

青年も、中高年も生き生きと! 第26回党大会終わる。

 4日間の党大会が終わりました。大会決議、報告、そして全国の代議員の発言も素晴らしかった。青森県の民青県委員長の赤平さんや宮城県元ソニー労組の小高さんは、ブラック企業に勤めた経験を語り、党に出会って成長してきた自身の経験から、今、困難な中にある青年たちも変わることができると訴え、感動的でした。一方、66歳で空白議会克服に挑戦するという女性代議員がいました。岐阜県中津川市議選に挑む木下律子さんは、川島町議を2期つとめた後衆院選や市長選などにも出馬して一線から退職。しかも、引っ越した先で知名度もない中での出馬決意!本当に頭が下がります。日本共産党員は、いくつになろうと社会変革へ、ロマン求める「心は青年」なのです!

 大会後最初に、党に迎えた男性は70代後半。岩手県大船渡市で、田中英二前市議が演説し、配る後援会ニュースを楽しみにしていたといいます。政党助成金についての「税金の山分け」という記事がお気に入りと。日本共産党の存在意義と、そのなかの党員の魅力に心を揺さぶられながら、この党をさらに大きくしたいと思いを強くしました。いよいよ、通常国会はじまります!

▲ このページの先頭にもどる

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
国会質問
質問予定
活動日誌
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
紙智子(日本共産党参議院議員)
いわぶち友(日本共産党参議院議員)
Copyright © 2003 - 2017 CHIDUKO TAKAHASHI All Right Reserved.