活動日誌

全日本民医連要請行動、毎月勤労統計 野党合同ヒアリング⑩、幼児教育無償化 野党合同ヒアリング

〇社会保障拡充こそ/全日本民医連が国会要請

 全日本民主医療機関連合会(全日本民医連)は20日、国の責任で社会保障制度の拡充、介護保険制度の改善と介護報酬引き上げ、9条改憲に反対し平和と人権、民主主義の諸原則を生かす政治の実現を求めて国会要請行動をしました。約50人が参加しました。

 行動に先立ち、全日本民医連の山本淑子事務局次長は、経済的な困難を理由に医療機関を受診できず、手遅れになる事例が後を絶たないと指摘。「保険料が払えずに実質的に無保険状態の人や、正規の保険証を持っていても窓口負担が重く手遅れになる事例が増えている。国民が安心できる国保や医療制度の実現を政府に求めていきたい」と語りました。

 日本共産党の高橋千鶴子衆院議員が国会情勢を報告し、市民と野党の共闘で政治を変えようと呼びかけました。党の提言を紹介し「国保の問題は、どこへ行っても高すぎて払えないと声が寄せられる。国保の改革・引き下げを目指して、皆さんと一緒に頑張っていきたい」と訴えました。

(しんぶん赤旗 2019年3月21日付)

集会で国会情勢を報告する高橋千鶴子=20日、国会内

〇統計不正の野党合同ヒアリングに参加。野党が求めている共通事業所の実質賃金伸び率の公表について、これまで政府は6回の検討会で検討をしてきましたが、引き続き検討すると答弁しました。

共通事業所の実質賃金伸び率の公表を求める野党議員ら=20日、国会内

〇子ども・子育て支援法案(幼児教育無償化)の野党合同ヒアリングに、みらい子育て全国ネットワークの天野妙 氏らとともに参加。参加者から政府へ批判的な声があがりました。


幼児教育無償化  野党合同ヒアリング=20日、国会内

▲ このページの先頭にもどる

カテゴリー

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
国会質問
質問予定
活動日誌
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
紙智子(日本共産党参議院議員)
いわぶち友(日本共産党参議院議員)
© 2003 - 2019 CHIDUKO TAKAHASHI