ちづ子通信

「一人だけど、ひとりじゃない」

 今国会は「女性と子どもの国会」というべきか。女性活躍、児童虐待、子どもの貧困、幼児教育無償化、学童保育、等々。厚労委員会だけでなく、他委員会にいってまで質問したり、野党の共同提案を提出しようと協議をしたり。初めてではないけれど、ともかく密度の濃い毎日です。
 そんな中久々に、委員会で共産党だけが反対し、私だけが討論を行った法案がありました。健康保険法案。マイナンバーカードを保険証替わりで普及拡大を狙う。個人情報をビッグデータとビジネスに活用する一方、公的保険の範囲をさらに狭めて健康も介護も自己責任か?と。マイナンバーカードに反対する人は多いと思いますが、残念ながら反対したのは共産党のほかに社民党だけ。その反対討論の最後をこう、締めくくりました。相次ぐ厚労省の不正や隠ぺいについて、「国民の命、暮らしに直結する諸制度を所管し、最も大きな予算をもつ厚労省の、存在そのものが問われているという危機感をもって、国民のために仕事をしてほしいと強く求め、討論を終わります。」
 自民党席から「それはその通り!」と合いの手が飛び、全体から拍手をいただきました。反対討論でこんなに温かく感じた拍手は、初めてかも?

健康保険法改定案について反対討論を行う高橋千鶴子=12日、衆議院厚生労働委員会

▲ このページの先頭にもどる

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
国会質問
質問予定
活動日誌
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
紙智子(日本共産党参議院議員)
いわぶち友(日本共産党参議院議員)
© 2003 - 2019 CHIDUKO TAKAHASHI